REAL-WORLD INSIGHTS

経験豊富なスコットワークの講師陣が交渉についてのブログ記事を執筆しています。交渉者の内面を垣間見ましょう。

ブログを購読する

公開されました: 4 11 , 2016
投稿者: ロビン・コープランド

"交渉は関わる人に力を与える。多様なバックグラウンドを持つ人々、立場が対局にあるような人たちが一堂に介し、双方にとって長期的なメリットを作り出しながら合意に至ってゆく。相手と取引をするのか、条約に調印するのか、そうすることも、そうしないことも出来る。交渉のプロセスでは、双方の差異は差異として認め、差異をそのままとして、より良い世界を作り出すことができる。" 先週の記事で私は上のように記した。そして、記事の最後の部分では、いちばん難しい交渉は「信仰心を持つ」人との交渉だろうと述べた。...

公開されました: 4 04 , 2016
投稿者: ロビン・コープランド

交渉は関わる人に力を与える。多様なバックグラウンドを持つ人々、立場が対局にあるような人たちが一堂に介し、双方にとって長期的なメリットを作り出しながら合意に至ってゆく。相手と取引をするのか、条約に調印するのか、そうすることも、そうしないことも出来る。交渉のプロセスでは、双方の差異は差異として認め、差異をそのままとして、より良い世界を作り出すことができる。...

公開されました: 1 25 , 2016
投稿者: アラン・スミス

今日のいかなる組織でも対立不一致に向き合って交渉する能力は非常に重要だ。あなたが「フェンス」のどちら側に居ようと交渉は必要になる。実際のところフェンスのどちら側に座るか、時によって変化することも多い。ある時には買い手の側に座り、またある時には売り手の側に座る。部下を管理することもあれば、管理される側に回ることもある。フェンスのどちら側に居ようと、状況に対処できることは重要だ。...

公開されました: 12 18 , 2014
投稿者: The Scotwork Team

1914年12月25日、戦場で銃声が止んだ。イギリス、アイルランド、ウェールズ、スコットランドの兵士は塹壕から出て敵であるドイツ兵と握手し、贈り物を交換しあった。数時間前までは敵味方に分かれて容赦なく銃弾を射ち合っていた者同士がサッカーを始めた。ドイツ対大英帝国の即興マッチだ。ドイツが3対2で勝利をおさめたと言われている。...

公開されました: 7 31 , 2014
投稿者: スティーブン・ホワイト

この文章を書いている今も、イスラエルとガザ地区の紛争は続いている。2,000マイル離れた土地では、ウクライナを東西に分かつ紛争が続いている。いずれの紛争でも付帯損害は悲劇としか言いようのないレベルに達している。政治やイデオロギーに何の関係もない男女や子供たちが殺され、傷つき、ロケット弾や戦車が人口密集地を無差別に攻撃し、民間航空機を撃ち落としている。...

公開されました: 1 30 , 2014
投稿者: ロビン・コープランド

彼はダマスカス大学で内科医としての教育を受けた後、ロンドンのセントメリー教育病院グループの一つであるウェスタン眼科病院で2年間、研修医としての生活を送った。1994年に兄が交通事故で亡くなるまで、政治的な野心は全くと言ってほど無かった。シリアのバッシャール・アル=アサド大統領は、自身の政治的影響力を維持することにかけては、極めて近視眼的な見方をしている。過去2年間、アサドと彼を支える政治勢力は、欧米から支持を受けたと思われる反対勢力との間で、苛烈な権力闘争を繰り広げてきた。

Latest Blog:

不利な取引をするならしないほうが良い?

Brexit交渉は、この先2年から3年の間、交渉について格好のネタ元でありつづけるだろう(それよりもずっと長くなると主張している評論家も居る)。このブログを読んでいる海外の方には、前もってお詫びせねばならないかもしれない。多くの教訓を引き出せるだろうし、それに何よりも、以下のような人にとっては教訓のある話になるだろう。...

Latest Tweet:

インサイトAT株式会社
103-0023
東京都中央区日本橋3-3-6
ワカ末ビル7F
Japan
+81 3 6202 2839
info.jp@scotwork.com
Follow us
Scotwork CPD 2020
award 1.jpg
award 2.jpg