交渉における性差

公開されました: 9 12 , 2016
投稿者: アナベル・ショーター

独立系シンクタンクIFSは、英国における賃金の男女差についてのレポートを発表した。賃金の男女差は、1993年には28%、2003年には23%だったが、今日も18%も残っており、第1子を出産してから12年後の女性では33%にものぼるという。

また、高等教育を受けた受けた女性の賃金差は20年前と変わっていない、という点も判明した。

レポートによると、労働者人口に女性が占める割合は、働き始めたばかりの若年層では73%に達するが、上級管理職では42%、経営層レベルでは32%になるという。男性の管理職は女性の管理職よりも40%も昇進しやすいという指摘を見るに、性差による機会の不均衡がはっきりと残っていることを思い知らさせる。

あなたが私と同じく女性なら、気の滅入るようなレポートだろう!そして、あなたが女性だろうと男性だろうと、IFSのレポートが指摘している事実は問題だ。多様性を重視する組織が「業績、カルチャー、意思決定において、そうでない組織よりも優れている」という研究結果は、そこかしこで報告されているのだから。

レポートや調査の引用はこれくらいにしておこう。このレポートが何か知らなかったことを新たに見出しているとも思えない。私の最初の仕事はオイルビジネスで、大卒の営業見習いとしてキャリアをスタートした。最初の職場は61名の男性に新卒の女性が3名、計64名の営業部隊だった。営業に移った最初の週、顧客から本社に、担当営業のレベルを下げたことに対するクレームの電話がかかってきた。何社かの既存顧客は、そんなことをすればおたくの会社は落ちぶれることになるぞ、と言って脅してきた。これから先のキャリアで、こんなことが繰り返されるとは、その時には信じがたかった。

それでも、男女間の溝についてはあまり考えないようにしながら、私は自身のキャリアを重ねた。18ヶ月前、女性だけの集まりでスピーチを頼まれた際、私は交渉の世界では男女差は無いと断言した。

一方で世の中も動いている。女性のスキルを改善し高めてゆこうと言う動きは様々な領域で活発になっている。女性の能力開発は社会的な課題であり、我々もまた、大きな目でみれば、この流れにのって動いている。

賃金や処遇の男女差を解消するために、女性が交渉力を磨くべきだ、というような安易なことを言うつもりはない。実のところ、男女差には、実に多くの、複雑な要素が絡み合っている。

だが、貴方が何かを望むなら、例えば昇給や昇進、休暇や残業を減らすことを望むなら、あなたは良き交渉者として行動しなくてはならないことも事実だ。良き交渉者であることは、それらを手に入れる過程で欠かすことが出来ない要素だ。私は、交渉スキルトレーニングでは男性も女性も同じくらいの参加者を教えている。男性にも女性にも、交渉者としての良い面と悪い面が同じくある。だが、スコットワークが良き交渉者であるために必要と考えるスキルのうち多くは、女性が伝統的に有している属性に合致しているという点は興味深い。例えば、より良く聴くこと、対立よりも協調すること、エゴを抑えること、クリエイティブになること、などだ。だからといって、男性の交渉者が陥りやすい間違いや悪癖に、女性の交渉者は無縁、という意味ではないが。また、これらの特性を備えている女性の交渉者が交渉相手として手ぬるい、というわけでもない。

同僚のデビー・スポルジョンと私は、スコットワークでプロジェクトを立ち上げることにした。交渉の世界において、性差はあるのか、女性の交渉スキルや交渉アプローチを改善するために何か出来ることがあるのかを、更に理解することが目的だ。そもそも、男女差はあるのか?性差が本当に原因なのか?世代による変化は?スコットワークには何か出来ることがあるだろうか?

我々は毎日のように何らかの形で交渉スキルを使っている。にもかかわらず、多くの人は、交渉に何らかの形の恐れを抱いている。同僚のデビーと私が、スコットワークでどのように年俸の交渉をしたのか、お見せする機会があると良いのだが!

このテーマについて、男女を問わず、ご意見をお聞きできればと思っている。このプロジェクトを通して分かったことは、かならずお伝えすると約束する。

もし何かお気づきのことがあれば、スコットワークまでお知らせいただきたい。

 

原文: The Gender Agenda. Does negotiating play a part?


共有する

blogAuthor

筆者について:

アナベル・ショーター
No bio is currently avaliable

Latest Blog:

不利な取引をするならしないほうが良い?

Brexit交渉は、この先2年から3年の間、交渉について格好のネタ元でありつづけるだろう(それよりもずっと長くなると主張している評論家も居る)。このブログを読んでいる海外の方には、前もってお詫びせねばならないかもしれない。多くの教訓を引き出せるだろうし、それに何よりも、以下のような人にとっては教訓のある話になるだろう。...

Latest Tweet:

スコットワーク株式会社
スコットワーク株式会社 103-0023
東京都中央区日本橋3-3-6
ワカ末ビル7F
Japan
+81 3 6202 2839
info.jp@scotwork.com
Follow us
cpd.png
voty2016_sign_gold.png