誰も見ていなくても

公開されました: 11 21 , 2016
投稿者: アラン・スミス

私はボブ・ディランの大ファンだ。ボブ・ディランの音楽の、という意味だが。

だが、素直にファンにはなれない人もいる。スウェーデン王室アカデミーはディラン氏にノーベル賞を授与しようとしたが、最近では無礼で尊大と非難している。

ディラン氏はノーベル賞を知らせる電話に出ることを拒んだし、折り返しの電話もしななかった。まるで狂犬でもはねつけるように、王室アカデミーからの栄えある賞をはねつけた。デイリー・メール誌の言を借りれば「ボブ・ディラン氏の非礼を責めるのは、ハンプティダンプティが卵だと非難するようなもの」だそうだ。彼はファンには曖昧な態度で何も話さないことで知られている。ライブステージではファンに背を向け、曲の合間ではぶつぶつと文句を言う。個人としてのボブ・ディランは良い人間ではない。

ファンがホテルのロビーで偶然ディラン氏に出くわしたとき、興奮のあまりこういった。「あなたは私のことをご存じないでしょうが、私はあなたのことをよく知っています」その言葉に対して、ディラン氏は即座に、極めてシャープな言葉を返している。「これからも、そうしておこうじゃないか」

学生時代、大学のホールでのライブセッションで、警備員のバイトをするのが好きだった。ヴァン・モリソンの公演があると聞いたときには興奮した。ライブのあと、ヒーローを車までエスコートする役割を手に入れた。私は彼に、素晴らしいコンサートだったと熱心に述べたが、率直に言って彼は私の言葉には全く興味がないようだった。車のところまで来ると、彼は手を振って私を振り払った。それ以来彼のアルバムを買ったことは一度もない。

公共の場所で、また私的な場所でも、我々が他者にどのように対応するのかは、個人としてのブランドに大きな影響を及ぼす。

他者や顧客にどのように協調的な振る舞いをするのかも同じだ。短期的にも、長期的にも。最近ハーバード・ビジネス・レビュー誌で次のような記事を読んだ。フォルクスワーゲンで長く働いてきたエグゼクティブたちが転職先を探そうとしても、非常に厳しくなっているという。自身が排ガススキャンダルに関与していなくても、だ。とある企業のマネージング・ディレクターは、面会をすることすらリスキーすぎる、といってフォルクスワーゲンからの候補者とは会おうともしない。スキャンダルをおこした企業が職務履歴書に乗ってしまえば、エグゼクティブでも相応の報いを受けることになる。

それが交渉に関係があるのか、とあなたは言うだろう。

実のところ、大ありだ。我々が住んでいる世界では、誠実さはビジネスの成功に不可避な要素だ。ビジネスの場においてどのように振る舞うのか、どのように他者と取引をするのか、また事業の運営の仕方など、すべて、あなた個人としてのブランドに影響する。私は一個人として、個人のブランドを守ることを非常に気にかけている。私は間違いをしない、と言っているのではない。正しいことができるときはそうでありたいと試みるし、自分がそう接してほしいような形で人々に接する。

ディラン氏の母親は、あらゆる母親がそうであるように、彼に大きな影響を与えた。存命中、母親はライブのあとに彼をディナーに誘い、曲と曲の間にぶつぶつ言ったりディナーを振る舞ってくれるホスト役に感謝の意を表さないのはダメだと言った。

もし母親がまだ存命なら、ディラン氏に命じて王立アカデミーに電話をかけさせて、受賞に対する謝意を伝えさせていたかもしれない。

母親が果たしていた役割と同じものをを担おうとするなら、人生の多くの側面を見た上で、悪いことをしているのではないと信じられる行動を取ることが肝要だろう。

 

原文: Like No One is Watching!


共有する

blogAuthor

筆者について:

アラン・スミス
No bio is currently avaliable

Latest Blog:

不利な取引をするならしないほうが良い?

Brexit交渉は、この先2年から3年の間、交渉について格好のネタ元でありつづけるだろう(それよりもずっと長くなると主張している評論家も居る)。このブログを読んでいる海外の方には、前もってお詫びせねばならないかもしれない。多くの教訓を引き出せるだろうし、それに何よりも、以下のような人にとっては教訓のある話になるだろう。...

Latest Tweet:

スコットワーク株式会社
スコットワーク株式会社 103-0023
東京都中央区日本橋3-3-6
ワカ末ビル7F
Japan
+81 3 6202 2839
info.jp@scotwork.com
Follow us
cpd.png
voty2016_sign_gold.png