8ステップ・アプローチ©は交渉プロセスの地図です。どのような対立不一致の状況下でも、この地図を手にして交渉をすすめることが出来ます。

2017年 3つの目標


2017年がやってきた。1月を通して、ずっと2017年の目標を考え続けている。そんなふうにして1月に今年の目標を考える人は多いだろう。食事をしっかりと摂り、定期的に運動し、大切な人々と過ごす時間を確保する。これは、揺るぎない人生の目標だ。おそらく、誰にとっても同じだろう。...
Written by アラン・スミス at 00:00

イバン・ロジャース氏の辞任 ― 破壊的行動のパワー


2017年は、たぶんそれほど驚異に満ちた一年にはならないだろう。なにしろ2016年は本当に驚きの一年だったのだから。カンファレンスで華麗なプレゼンターの直後の時間を割り当てられた不運な発表者のようなものだ。ところが、はやくも今年初の驚きがやってきた。よく考えれば有り得ない話ではないが。英国のEU常任代表イバン・ロジャース氏が突然に辞任することとなった。ロジャース氏は非の打ち所のないほどの完璧なタイミングで周囲に驚愕を与えたのみならず(今年最初のBrexit爆弾だ)、同僚に書き送った離任の声明の中で「Brexitの準備状況にはぞっとする」と明かした。...
Written by スティーブン・ホワイト at 00:00

すこし早めのクリスマス・メッセージ


ご存知かも知れないが、サンタの故郷ラップランドは、いつも光と歓喜に満ちているというわけでなない。世界中の人々は、サンタクロースの仕事はすべてが12月24日に行われると信じている(率直に申し上げて、これは無理からぬ話だ)。その夜、サンタはソリに乗り込み、世界を駆け巡って、そこかしこに施しものを配って回る。だが、一年の他の日に、サンタクロースがどうなっているのかについて考えたことのある人は殆ど居ない。この超巨大規模の配送オペレーションは、いったいどのような魔法で実現されているのだろうか?...
Written by ロビン・コープランド at 00:00

Brexitは悪いことばかりではない?


人々が交渉について持つイメージは「クルマを買う時にするもの」(これはおそらく、交渉ではなく値切り)、もしくは「崖から飛び出さないように気をつけながらカーブを高速で曲がり続けること」(これはおそらく、交渉ではなく運転だ)。Scotworkでは、交渉とは、膠着状態をこれ以上続けさせないための働きかけ、という見方をする。言葉を変えれば、外部の何らかの要因によって、契約その他、これまでの関係を再調整する必要に迫られた状況に対処する方法の一つが交渉だ。...
Written by ロビン・コープランド at 00:00

データの誤謬


我々はハイパー不確実性の時代に生きている。予想もしなかった結末に驚きと動揺の連続であるこの世界において、データは我々を導く味方のように思える。出来る限りのデータを集めて過去を徹底的に分析すれば、未来は確実にわかるようになる。データは不確実性を低減できる。これは真実ではない。データの誤謬とでも呼ぶべき現象がここかしこで起きており、不確実性の低減どころか、データ分析こそがハイパー不確実性の原因になっている。...
Written by スティーブン・ホワイト at 00:00

Sign up

 
 
表示されているコードを入力してください:

最新のコメント

アーカイブ